ダニの特徴から撃退

【2匹→1万匹!?】ダニが繁殖する条件は温度30度と?

スポンサーリンク




ダニが最も繁殖する条件は温度25度前後湿度65%以上そして、ダニの餌であるフケ、アカ、髪の毛、カビが豊富にある場所です。

しかしダニは温度に敏感で、30度以上あるいはい20度以下になるとダニの成長は鈍化します。

このようにダニは人間が快適だと思える温度で最も繁殖しますので、平均気温が30度になっているときは注意が必要です。

ダニは条件さえよければたった2匹のダニが3ヶ月後には1万匹以上に増えるほど卵を産みます。そして残念ながらどんなにダニ対策をしてもどこかにダニはいて繁殖を始めます。

今回はダニが繁殖しないように気温が30度前後の時に、どうすればダニの繁殖を防げるかを解説します。

気温30度の梅雨時期と秋はダニに警戒を!

梅雨時期にダニが増えるという話は聞いたことがあるかもしれませんが、実は梅雨時期だけでなく秋にもダニが増えます。

梅雨時期は高温多湿(温度25度湿度65%以上)と条件が揃っているので大量繁殖するんですが、9月の気温は25〜30度、10月は20〜25度と実はダニにとってはとても好条件なんです。

今までは夏を過ぎれば繁殖は減ると思われていましたが、日本の平均気温は年々上がってますので暑い真夏よりもむしろ9〜10月の温度はダニにとって好条件なんです。

加えて梅雨時期に大量繁殖したダニの寿命が尽きるのも9〜10月なので、秋は刺すタイプのダニ(ツメダニ)とアレルゲンとなるダニ(チリダニ)の死骸やふん両方に警戒する必要があります。

気温30度のクーラーをつけるまでもない季節のダニ対処策

ダニの繁殖スピードを落とすためには温度20度以下湿度50%以下、そしてダニの餌となるものをできるだけ無くすために掃除をしっかりとする必要があります。

クーラーをつければ温度と湿度が下がりますのでダニ対策にはとてもいいのですが、30度程度の気温ならクーラーをつけるまでもないと思うかもしれません。

そこでここでは人間にとってもダニにとっても快適な気温が30度の時のダニ対策について解説します。

換気を徹底する

最も基本的でかつコストがかからない方法は窓やドアを開けるなどして、部屋の換気をすることです。

ポイントは入口と出口を作ってあげることで、窓やドアは数センチでも効果ありますので必ず2箇所開けるようにしてください。

雨の日など外の湿度が高い時は換気しても意味がないと思うかもしれませんが、雨の日は外以上に部屋の湿度が上がっていますので換気は効果があります。

外の空気が汚染しているなど問題がある場合もありますが、少なくとも湿度の面からいうと換気は常に効果があります。

扇風機やエアコンの送風モードを使う

扇風機は空気を循環させるためだけなので部屋全体の湿度を下げることはできませんが、窓を開けるなど換気をしながら扇風機やエアコンの送風モード(電気代は扇風機と変わらない)にすると除湿効果が高まります。

あるいは扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くと部屋の湿度がペットボトルの水滴となってくっつきますので、涼しい風が吹くだけでなく湿度を除去する効果もあります。

ただ扇風機は翅の部分にほこりがついてしまいますが、ほこりがあるところにはダニがいますので、定期的に掃除しておくことが大切です。

この時柔軟剤を少し入れたぬるま湯に雑巾を含ませて拭いてあげると、扇風機にほこりがつきにくくなります。

ダニ対策におすすめの扇風機

扇風機はクーラーを使うまでもない気温の時にあると便利ですし、クーラーと一緒に使うと部屋の温度や湿度を素早く下げるだけでなく節電にもなります。

でも扇風機は風の通り道となるのでほこりがつきやすく掃除が面倒ですよね。

そこでおすすめしたいのが、ダイソンの羽なし扇風機です。

羽がないのでほこりが物理的につきませんし、お子さんがいる家庭では安全ですが、スタイリッシュでおくだけでインテリアになります。

特におすすめしたいのはダニの繁殖を予防するだけでなく、ダニアレルギーになりやすい秋のハウスダストも吸い込んでくれる羽なし扇風機+空気清浄機のDyson Pure Cool Linkです。

値段はショッピングサイトでも公式サイトでも代わりませんので、お好きなショップで購入ください。

→ dyson公式サイトはこちら

dyson公式サイト

【まとめ】30度はダニにとっても人間にとっても快適

今回は30度という気温がダニにとってどのような影響があるかを解説しました。

この記事のまとめ

 ダニが最も繁殖するのは温度25度前後、湿度65%以上で餌が豊富にある場所

 梅雨時期は最もダニが繁殖しやすい温度だが、秋の9〜10月はダニが繁殖するだけでなくアレル物質も増える

 気温が30度なら換気と掃除を徹底してダニが増えにくい状況にする

さてダニは40度以上になると成長が鈍化し、50度をすぎると長時間生きることができなくなります。

温度でダニを退治する方法について詳しくは下記の記事を参考にしてください。

ここは重要!ダニを確実に退治できる温度と増殖してしまう温度

いくらダニ対策をしてもダニの被害にあう理由のひとつは、ダニがまだ生きているからです。 ダニは掃除機をかけても繊維にしがみついて離れませんし、洗濯機の洗剤でも死なないという脅威的な生命力を持っています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク




-ダニの特徴から撃退