ダニの予防 家電系

浴室乾燥機は布団乾燥機の代用になる?ダニ対策になる最大限の活用法

スポンサーリンク




「ダニ対策に布団乾燥機を使っている人がいるけど浴室乾燥機があれば代用になるのかな?」

...とふと思ってネットを検索してみたかもしれませんが残念ながら浴室乾燥機では布団乾燥機の代用にはなりません。

しかし浴室乾燥機は上手に使えばダニが布団に寄り付かなくなるようになりますので、ダニ対策としては有効です。

なので浴室乾燥機があるから布団乾燥機はいらないということにはなりませんが、もし自宅に浴室乾燥機があるならダニ対策に活用してみてください。

この記事では浴室乾燥機のダニ対策における限界と具体的な活用法について解説します。

この記事で学べること

 浴室乾燥機が布団乾燥機の代用にならないわけ

 浴室乾燥機がダニ対策にどのように役立つか

 浴室乾燥機を利用したダニ対策方法

浴室乾燥機の温度では布団乾燥機の代用にならないのはなぜ?

ダニは高温に弱いですが、浴室乾燥機を数時間かけてもダニを死滅させることはできません。

ダニを死滅させるのは最低でも50度以上の温度が必要ですが、浴室乾燥機の温度は40度までだからです。

一方布団乾燥機は布団全体を50〜60度で包むのでダニを駆除することができます。

このようにダニを駆除するためにはダニと温度の関係について知っておく必要があります。

浴室乾燥機の温度でダニは駆除できる?ダニの増殖・死滅温度

ダニが駆除できるかどうかは浴室乾燥機がどれだけ高温を出せるかによりますが、ほとんどの浴室乾燥機ではダニを駆除することはできません。 このようにいくらダニ対策をしてもダニの被害にあう理由のひとつは、ダニ ...

続きを見る

布団乾燥機のダニ撃退布団乾燥袋は浴室乾燥機の代用になる

一方布団乾燥機は付属のダニ撃退布団乾燥袋があれば浴室乾燥機の代用になります。むしろ浴室乾燥機以上の効果があります。

布団乾燥機は布団全体を50度以上の熱で温めることによって初めてダニを撃退する効果がありますので、ほとんどの浴室乾燥機では実はダニは死滅していません。

しかしダニ撃退布団乾燥機袋の中全体は温度が50度以上になるので、布団を入れれば布団に潜むダニのほとんどは撃退できます。

そしてこの袋の中に衣類やシーツなどダニがついていそうなものを入れて布団乾燥機をかければ、衣類やシーツの乾燥はもちろん、ダニも撃退することができます。

次の記事ではダニ撃退乾燥袋のついた布団乾燥機など、おすすめの布団乾燥機について解説しています。

浴室乾燥機は布団のダニ予防になる

温度の点からいうと浴室乾燥機にダニ駆除効果はありませんが、浴室乾燥機は布団の湿気を追い出してくれるので布団のダニが増えない環境にしてくれるという利点があります。

ダニは高温だけでなく乾燥にも弱く、ある程度の湿度がないと干からびて死んでしまうからです。

浴室乾燥機で乾燥させるだけですぐにダニを死滅させられませんが、布団の湿気を取ることによって新しいダニが寄り付かなくなりますし今いるダニも繁殖力が急激に落ちます。

なので布団乾燥機はダニを駆除するためではなく増えなくするための予防として使うのが最も懸命な方法と言えるでしょう。

浴室乾燥機を活用して布団のダニ対策をする方法

浴室乾燥機で布団のダニ対策をするときは次の点を意識しておきましょう。

浴室乾燥機に入れる前にまずは布団のダニやダニアレルゲンを除去する

浴室乾燥機はダニ対策における次の3つの段階の中の最終段階の予防です。

  1. 生きているダニを駆除する
  2. ダニの死骸やフンを除去する
  3. ダニが増えないように予防する

布団の中にダニが大量にいる状態で浴室乾燥機に干せばダニは弱まり繁殖力は落ちる予防になるとはいえダニの絶対数が変わらないので、まずダニを駆除し、その後ダニの死骸とともにダニのフンなどのアレル物質を除去する必要があります。

ダニを駆除するおすすめの方法については、次の記事をお読みください。

これで決着!ダニを駆除する4つの方法と8つの撃退グッズ+α

「ダニに刺されたみたいでかゆい」「小さな虫がうごめいている」「かゆいので病院に行ったらハウスダスト(ダニアレルギー)と診断された」 このように家の中にもしダニがいるということがわかったなら、まずするべ ...

続きを見る

またダニアレル物質を除去する方法については下記の記事をお読みください。

ダニは掃除機で死ぬの?正しい掃除機の使い方と本当の効果3つ

「ダニは掃除機で死なない」「ダニ対策に掃除機は必要」 あなたもこの一見矛盾に思えるような話を聞いたことがあるかもしれませんが、これはどちらも事実です。 なぜなら次の動画で確認することができますが、普通 ...

続きを見る

「換気モード」と「乾燥モード」を使い分けよう

浴室乾燥機には乾いた布団だけを水滴がついていないお風呂場に入れて、「乾燥モード」で1〜2時間かけてください。

種類にもよりますが、浴室乾燥機には「換気」、「乾燥」、「涼風」、「暖房」と4つのモードがありますが、それぞれの使用方法は次の通りです。

モード効果目的
換気換気ファンだけを回して浴室の湿気を外に追い出す浴室を乾燥させる
暖房温風だけを出して浴室を温める浴室を温める
涼風浴室に風を送る浴室を涼しくする
乾燥(衣類乾燥)温風を出して衣類(布団)を温めて水分を蒸発させ、換気ファンで湿気を外に追い出す衣類(布団)を乾燥させる
意外と知らない浴室乾燥機の4つのモード

このように「乾燥」モードは換気ファンと温風の両方が出ますが、「乾燥」モードは衣類等を早く温めるために「換気」モードよりも換気ファンが弱く設定されています。

それでお風呂場や衣類等が濡れているものがあるなら布団を入れるよりもまず「換気モード」を1〜2時間かけてお風呂場の湿度を下げてから、「乾燥モード」で2〜4時間かけて衣類等の湿気を取り除いてください。

浴室乾燥機はフィルターの掃除が大切

浴室乾燥機のフィルターにほこりがついているなら布団を干す前に掃除しておきましょう。

浴室乾燥機のフィルターにほこりがついているとそこにはカビも繁殖していますので、換気能力が衰えるだけでなくカビの粒子が舞い布団に着いてしまうかもしれないからです。

布団にカビの粒子がつくと、寝ている間に体の害となるカビを吸い込んでしまうかもしれませんし、カビ自体がダニの餌ともなるのでダニを引き寄せてしまいます。

浴室乾燥機の外部フィルターを、ぬるま湯でよく絞った雑巾で拭くだけでもだいぶ違います。

もし1ヶ月以上浴室乾燥機のメンテナンスをしていないなら、内部フィルターを取り出して掃除機でほこりを吸い取り、ぬるま湯で絞った雑巾で拭き取ってください。汚れがひどい場合は中性洗剤をつければ汚れが落ちやすくなります。

浴室乾燥機のフィルターの代用はない

浴室乾燥機は高温を出しますので、浴室乾燥機のフィルターを使う場合は必ず専用のものを購入しましょう。

見た目は同じの換気用のフィルターを使うと、温度に対応していないので熱がこもってしまい火災の原因にもなります。

次の製品は値段も安く、浴室乾燥機のフィルターとしての効果も高く、安全なのでおすすめです。

布団乾燥機のフィルターは代用がある

一方布団乾燥機の排気する部分は熱を出しませんので、空気を通し埃を通さないものであればなんでも代用が効きます。

例えば最近マスクを使うことも増えてきましたが、マスクは空気を通し埃などを通さない設計となっていますので布団乾燥機の代用となります。

【まとめ】布団乾燥機がないなら浴室乾燥機を利用しよう

今回は浴室乾燥機で布団のダニ対策をする方法について解説しました。

この記事のポイント

 浴室乾燥機は温度が低いので布団乾燥機の代用にはならない

 しかし布団の湿気を取ることができるのでダニを増やさない効果がある

 浴室乾燥機に入れる前にまず布団のダニを駆除しアレル物質を取り除く

 浴室が乾いているなら布団を入れて「乾燥モード」で約1時間かける

浴室乾燥機ではダニを駆除することはできませんが、ダニを寄せ付けない効果がありますのでもし布団乾燥機がないなら浴室乾燥機を活用することができます。

逆にいえば布団乾燥機があればダニが駆除できるだけでなく布団を乾燥することもできますので、浴室乾燥機で布団を干す必要がなくなります。

浴室乾燥機まで布団を出し入れするのは大変ですし、その前にダニの駆除やアレル物質の除去をしなければなりません。

もし布団のダニと本気で戦いたいなら、次の記事におすすめの布団乾燥機や効果を最大限に上げるコツについて紹介されていますので参考にてくださいね。

布団乾燥機でダニは死ぬか?効果のでるコツとおすすめの製品を紹介

「布団乾燥機でダニは死にますか?」 より確実な方法で駆除したいのでダニの被害に悩んでいる方は、布団乾燥機を買う前にこの重要な質問の答えを知っておきたいと思うかもしれませんが、安心してください。 ちゃん ...

続きを見る

スポンサーリンク




-ダニの予防, 家電系